東京メトロ「後楽園」駅から徒歩5分! 整形外科(一般外来、スポーツ外来、理科診療)、東京都文京区小石川の「こやまクリニック」です。

【診療時間】
《月・水・木・土》
9:00~13:00
14:00~18:00
.《金》
14:00~18:00

毎週火曜・日曜、祝日は
休診日となります。

〒113-0033
文京区本郷4-24-5
春日ビル3F
TEL:03-5840-7717

携帯版は下記コードから

携帯ページ

院長紹介

こやまクリニック院長

▼こやまクリニック院長日記はこちら▼

院長日記

医療、健康、格闘技、スポーツ、トレーニング、 読書、 映画、音楽、旅行、酒、 グルメ、・・・、
話題のバーリ・トゥード(何でもあり)。

基本コンセプト

スポーツによるケガで病院などを受診した場合、よく「スポーツをやめなさい」、「休みなさい」と言われることが多いようです。
ところが実際のアスリートたちの希望は、「スポーツを続けながら治したい」ということがほとんどです。
ケガをしても、スポーツをやめなくてもすむように、休まなくてもすむように、「こういうやり方なら、続けていいよ」、「こういうことに注意をすれば、やってもいいよ」と言ってあげられるような医療を展開したいと思っています。
また、これまでスポーツや運動とは無縁だった中高年の方達にも、身体を動かす楽しみを知ってもらい、最終的にはクリニックに来なくてもいい、健康な身体になってもらうおというのが、私の目指すところです。

主な経歴

1979年3月 香川県立高松高校卒業
1985年3月 徳島大学医学部卒業
1985年5月 医師国家試験合格後、東京都下の病院にて研修開始
1992年4月 都立府中病院整形外科・リハビリテーション科
2002年4月 講道館ビルクリニック院長に就任

資格その他

日本体育協会認定スポーツドクター オリンピック強化スタッフ(アテネオリンピック柔道チームドクター)
全日本柔道連盟医科学委員
アンチドーピング委員会メディカルオフィサー
元国士舘大学非常勤講師

運動歴

柔道三段、空手二段、居合い道初段
その他、スキー、ジョギング、テニスなど

著書

「クロスオーバー・トレーニング 新格闘教書」 碧天社 2000年
「リハビリ・看護の英会話」 キャドウエーブ 2002年
「図解 スポーツ・リハビリテーション」 山海堂 2002年
「体力回復トレーニング」 山海堂 2003年
「スポーツ救急マニュアル」 山海堂 2004年
「子どものスポーツ障害」 山海堂 2004年
「新版・図解スポーツ・リハビリテーション」 山海堂 2006年
「スポーツ医師が教えるヒザ寿命の延ばし方」 アスキー新書 2007年
「ドクター小山のランニング・クリニック」 枻(エイ)出版 2010年
「子どものスポーツ障害とリハビリテーション」 ラピュータ 2010年
「その手があったか! 腰痛を治す65のワザ+α」 保健同人社 2010年
「スポーツ傷害とリハビリテーション」 体育とスポーツ出版社 2013年

提供可能なサービス

講演(過去の講演例)
「空手におけるトレーニング方法」
「柔道における外傷と障害 その予防」
「スポーツ現場での救急処置」
「中高年のための運動療法 転ばぬ先のトレーニング」
「『柔道』を『スポーツ医学』で考える」
「スポーツ選手のためのコンディショニング」
「オリンピック報告 日本柔道の強さの秘密」
「成長期のスポーツ障害と、その予防」
「学校保健室での応急処置」
「子どものスポーツ障害とその予防」
「柔道におけるクロストレーニング」
「クロストレーニングについて」  など

スポーツマンのためのメディカルチェック(検診活動)
スポーツ選手のケガからの復帰のためのリハビリ、トレーニングに関するアドバイス
大会救急医師、リングドクター